『変わる自分』の画像
石田梅岩の言葉に、「われ生質理屈者にて、幼年の頃より友にも嫌はれ、ただ意地の悪きことありしが、一 四五歳の頃ふと心付きて、これを悲しく思ふより、三十歳の頃は、大概なほりたりと思へ ど、なほ言葉の端にあらはれしが、四十歳のころは、梅の黒焼きのごとくにて、少し …

↑このページのトップヘ